« 今日は | トップページ | 今日日曜日はっ »

2009/12/13

とんぼ玉100人展

今日は和泉市のとんぼ玉100人展に出かけておりました

100人いらっしゃったら、100通りのとんぼ玉がありました

一つ一つ、違うとんぼ玉

きれいだなーと思うと同時に、作りたい病がむくむくとおきます。

私にとってとんぼ玉は見ていて楽しむものであると同時に・・・ 「作りたい物」

むくむくと、湧き上がる、それは欲です
食欲や睡魔と同じ、作りたい衝動

生田信子さんの作るとんぼ玉が、かなり自由でとても好き。
楽しい、面白いがとんぼ玉からあふれてくる。

http://www.eonet.ne.jp/~nobuchin8p8pkobo/

お昼からは竹内氏のデモンストレーションを拝見させて頂きました。

ランプワークマガジンというとんぼ玉雑誌に掲載されていらっしゃった作品の、生実演です。
汚い字の走り書きのようなメモをとりながら、写真も少々撮らせて頂いて、とんぼ玉の技法の幅広さを改めてしりました。

技法は手段。
内面から生まれるものを形にしたいから、技法が誕生していくし技術が向上する

浮かんだ泡を一つ一つ形として残したいから、それが技法になる。
今もどこかで生まれているのだろうなぁ・・・ 

立ち返る初歩の初歩

思い浮かんだら試してみる。
とにかく動いてみる、試してみる。

うまくなりたいんじゃなくて(腕はあげたいけど)、それだけじゃなくて、楽しいとんぼ玉が作りたい。

私はただ、それだけなんだと。ごちゃごちゃした泥のような内面から、そっと拾い上げてみた。

Dsc001931

|

« 今日は | トップページ | 今日日曜日はっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65022/47006754

この記事へのトラックバック一覧です: とんぼ玉100人展:

« 今日は | トップページ | 今日日曜日はっ »